ただのラブホには興味ありません

ラブホとかについて、ゆる~く語るブログ

回転ベッドとの素晴らしき出会い『シャトーすがも』~ラブホ探訪~

JR巣鴨駅付近にあるラブホ『シャトーすがも』。
f:id:marion1992:20210319093025j:plain
303号室には、こんなものがある。
f:id:marion1992:20210319093055j:plain
回転ベッドだ。

私は10代の頃『ラブホテル進化論』でその存在を知り、並々ならぬ憧れを抱いた。

ラブホテル進化論 (文春新書)

ラブホテル進化論 (文春新書)

「いつか回転ベッドに乗って、回りたい……!」

その後、風営法の規制等により、数が減っていることが分かった。
ラブホのポータルサイトでも、それを置いている所は見つけられない。
いつしか、回転ベッドとの出会いを諦めていた。
f:id:marion1992:20210319093619j:plain
ところが近年、転機が訪れた。
深夜番組『霜降りバラエティ』で、このホテルの回転ベッドが登場したと知ったのだ。
検索すると、霜降り明星の二人が円形のベッドに入っている写真や、「回るのを利用して、大喜利をやった」という詳細情報を発見した。
まさか、現役の回転ベッドが東京にあるとは。
「何としてでも行かなくては」と決意し、やって来た。
f:id:marion1992:20210319093536j:plain
まず目に付くのは、側面を囲む深紅のベルベットらしき布。
その上の、ピンク色を基調とした花柄の丸いかけ布団。
どことなく、扇情的である。
f:id:marion1992:20210319093800j:plain
ベッドの縁には鏡が5枚並んでいて、その下に枕が置かれている。
枕の近くには、操作のためのパネルがある。
f:id:marion1992:20210319093833j:plain
その中に、『回転ベッドスイッチ』と書かれたつまみを見つける。
前後にひねったが、何も起きない。
故障かと疑いつつ、左右にひねった。
f:id:marion1992:20210319093938j:plain
ブオン!ガタンッ、ギギギギギ……
「あっ!」
重厚な音を響かせながら、ベッドが回り出す。
内側にあるモーターの振動が、座った私の足に伝わる。
目に映る景色が、ゆっくりゆっくりと変わってゆく。
f:id:marion1992:20210319094010j:plain
「やった……やった!やったあ!回った!回ったあ!」
これこそが、10年も前から憧れていた、回転ベッドなのだ。
内側から湧き出る喜びで、叫ぶ。
私はガッツポーズして、子供のようにはしゃいだ。
f:id:marion1992:20210319094042j:plain
他にもいくつかスイッチがあるので、ひねってみる。
カチッ
f:id:marion1992:20210319094121j:plain
一瞬にして、天井がドーナツ型のカラフルな光を放ち始めた。
赤・青・黄色からなる抽象的な絵が輝く。
f:id:marion1992:20210319094153j:plain
カチッ
ひねるや否や、絵の外側を囲むネオン管が点滅し始めた。
赤・橙・緑・青の四色の光が、速いサイクルで付いたり消えたりする。
f:id:marion1992:20210319094223j:plain
今度は横になって回る。
f:id:marion1992:20210319094559j:plain
f:id:marion1992:20210319094936j:plain
色鮮やかな天井の芸術作品が、目の前を通り過ぎてゆく。
f:id:marion1992:20210319094254j:plain
壁に目を向けると、
f:id:marion1992:20210319094346j:plain
スケスケの浴室や
f:id:marion1992:20210319094432j:plain
鏡貼りの窓、
f:id:marion1992:20210319094523j:plain
バラの形をした照明器具がある。f:id:marion1992:20210319094644j:plain
昭和ラブホらしい艶やかさに、息を呑む。
f:id:marion1992:20210319095723j:plain
かと思えば、薄型テレビや今風の幾何学模様の壁紙、ラメがきらめく壁も見える。
適度に新しいものを取り入れていることが分かる。
f:id:marion1992:20210319094823j:plain
f:id:marion1992:20210319094853j:plain
f:id:marion1992:20210319095300j:plain
「いつか回転ベッドに乗って、回りたい……!」
一度は諦めた夢を、巣鴨のホテルが叶えてくれた。
令和も、『シャトーすがも』のような昭和ラブホが愛されることを、願ってやまない。
f:id:marion1992:20210319093704j:plain
2020年1月探訪